どんな篆刻が好きなのか。
 POLICY                                                              
 
無個性で懐古的なだけの篆刻に興味はありません。
「遊」
(20×80ミリ)
広告クリエーターとして時代感覚はもちろん、言葉を扱うコピーライターとして、
その漢字の本来の意味を大切にすることを心がけています。
「楽」
(43×43ミリ)
直角に交差する線は漢字の宿命なのですが、
線の伸びたがる、繋がりたがる気持ちや点の居心地などを感じながら、
モダンで心地よい独自の世界の創造を目指しています。
「虚受
(謙虚に受け入れる)」
(53×53ミリ)
ご感想、ご意見は、こちらへ。
トップへ戻る 目次へ戻る お子さんの印へ