篆刻のキャリアは。
       
 CAREER                          
 
30年ほど昔、「篆刻」というものを知りましたが、いまと違って手引き書などは、
ほとんど無い時代。見よう見真似で遊びはじめました。
取材でお会いした榊莫山さんに作品(?)<幸都萬具>を見ていただき、
激励されたので、その気になって、本格的に取り組むようになった、という次第です。
 




  ←「幸都萬具(SideBank)」
1990年 奈良国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院)で、
       野の花と遊ぶ《花の会》との共同展「三游会」(写真:左)
       以来、3年に2回(春・秋)のペースで開催。

1993年 奈良薬師寺に「篆刻般若心経」を奉納。
1996年 大阪「茶屋町画廊」で個展。
       作品「赤言白心」は、フェラガモの社長の別荘に
       飾られているそうです。
1997年 東京「思無邪」で個展。
1996年〜2000年 奈良、神戸の生涯学習セミナーで、「篆刻教室」講師。
2003年 大阪梅田「阪急百貨店・くらしのアート」で二人展。(写真:右)
2005年 産経新聞関西版「創人たち」に掲載される。
2006年 楽篆堂のブログ『篆(てん)からの、贈りもの。』を出版
2008年 奈良のフリーマガジン「喜楽」の巻頭特集に掲載される。
  〃   奈良・学園前の「ギャラリー藍倉」で、個展。
2009年 奈良「梅皐庵」で、共同展。
  〃   5月より、篆刻教室「天の会」を開始。
2010年 3月31日〜4月4日、東京・熊谷守一美術館(ギャラリー榧)で個展開催。
  〃   11月25・26日、KCNファミリーチャンネルで、楽篆堂の紹介と篆刻体験を放送
ご感想、ご意見は、こちらへ。
目次に戻る